fbpx

よくある質問

【Q1.日傘のUVカット率と遮光率はどう違いますか?】
遮光率は、あのカンカン照りのまぶしさや暑さを和らげる効果です。
暑さ対策を第一に考えるなら、遮光率の高いものを選ぶ必要があります。
日傘の生地は熱がこもりにくい綿や麻、色は白やレースデザインが通気性も良く見た目に涼しいですね。白は熱を反射するので日傘自体も熱くなりにくいです。UVカット率はその名の通り紫外線防止効果です。涼しさも大切だけど、やっぱり紫外線防止の方が重要!という人はUVカット率を気にするようにしましょう。紫外線は降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射して下からも攻撃してきます。
内側の色が白に近いと、照り返してきた紫外線を更に反射します。結果、日傘の内側で紫外線を浴びてしまうことになります。表面の色は気にしなくてもOKですが、内側の色はなるべく黒に近い物が良いでしょう。
【Q2.買い替えするタイミングの目安は?】
絹・綿・麻などの天然素材は生地にUV加工がされています。このような生地は使っていくうちに繊維が劣化してしまうため日がたつにつれて紫外線が入りやすくなります。また日焼けによって色があせてしまうというデメリットもありますが、これは日傘が身を挺してあなたを日焼けから守ってくれたという証ですね。何年も前に買った日傘を現役で使っているとUVカット効果がなくなってしまった日傘で日焼けしてしまう恐れがあります。天然素材の日傘は長く使っても寿命は2~3年ほどですが、毎年買い替えることが理想的です。
【Q3.日傘にオススメの色は?】
白と黒、どちらも紫外線をカットしてくれる色ですが、それぞれに紫外線のカット方法が違います。黒色→光を吸収することで紫外線を予防できる
白色→光を反射することで紫外線を予防できる紫外線を多くカットする色はどちらか、と言われれば黒の方が少しカット率は高めですが白でも十分効果はあります。しかし、日傘の外側の色に関しては生地にUV加工がされているものであればどんな色でも紫外線をカットしてくれます。ですから白だけにこだわらず好きな色の日傘でもOKです。
【Q1】でご案内したように、照り返しを考えて内側の色だけ気を付けるようにしましょう。
【Q4.日傘にオススメの素材は?】
天然素材の生地は経年劣化が早く買い替えが必要ですが、涼しいというメリットがあります。
天然素材は光を繊維の内側にとどめて裏側まで熱を通しません。しかし、化学繊維であるポリエステルは素材自体が熱くなり熱線により直接暑さが伝わり傘の内側まで熱くしてしまいます。このことから涼しさを求めるならば天然素材のものが効果的です。また、生地も厚手のものや二枚重ねになっているものであれば遮光率が高まりさらに効果的ですよ。

【お問い合わせはこちらからどうぞ!】

お問い合わせ

 

フォローしてね!

Instagram やってます

Twitter やってます

Transrate

PAGE TOP